【言葉の雑学】ダンディという言葉は「間抜け」という意味だった。

日本で使っている言葉をそのまま外国で喋ると大変失礼なことになったり英語では通用するが他の国ではまったく通用しない言葉の雑学、またへぇ〜と思うような言葉の雑学を紹介します。



●「ダンディ」という言葉は「間抜け」という意味だった。

イギリスで流行した言葉で、ほめ言葉のようにも聞こえるが
語源は「間抜け」というもので、服装や見た目ばかり気にしてカッコをつけるのに必死で仕事もろくにできない間抜け野郎という意味

●アラビア語で「ナカ」はセックス行為「ヤマ」は毎日という意味。中山さんは「セックス毎日」。

同じく「ムラ」は女性の意味をするので中村さんは「セックス女性」。

●スペイン語で加賀谷さんは「カガ・ヤ」ウンコをしろという意味


●「シッチャカメッチャカ」という言葉は、今では混乱している状態を示すが古い文献では「不美人な女性」を指していたらしい

●タイ語では「キレイ」とは醜いという意味

●ロシア語で女性器は「エビス」と呼ぶ。
そのためエビスビールは現地で問題になり発売できなかった。

●アフリカの国の名前スーダンはアラビア語で「黒い」。
ソマリアはヌビア語で「黒い」
エチオピアはギリシャ語で「日焼けた顔」モーリタニアは「皮膚の黒い人」ギニアはベルベル語で「黒い土地の人」

●「ジンクス」とは古代ギリシャで占いや魔術に用いたキツツキの鳥「インクス」からきた言葉で意味は「不吉な鳥」

●南太平洋にエロマンガという名前の島がある。オーストラリアにはエロマンガという地名も存在しエロマンガモーテルやエロマンガカフェなどがある。

●韓国の名字は全部で249種類しかない。韓国では「金」さんが5人にひとりが金さんである






人気ブランドの春夏アイテムが最大60%OFF BEAMS、UNITED ARROWS

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2009.01.24 Saturday|雑学・ネタ|16:29|comments(0)|trackbacks(0)|-|-|by kirei-navi|
0

    この記事を見た人は以下も見てます


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SPONSORED LINK

    SPONSORED LINK